看護師長と看護部長のコミュニケーションは大切 2015年5月14日

oquwihnjb

病院の看護部には様々な役職がありますよね。
その役職ごとに担当する役割が
大きく違っているという点には注意が必要です。

看護部長は看護部の責任者であり、
管理職として看護部全体をマネジメントしていくという立場ですよね。

 

病院の経営についての考え方や方針を部内に周知し、
部の年間目標を決めたり、計画の管理を行います。

また、医療事故の防止をおこなうために、
リスク管理を行っていく事も仕事の一つです。

 

部内の意見をまとめて、経営層に伝えていく事も、
重要な役割なんですよ。

看護師長は、現場における看護師のリーダーであり、
多くの看護師を技術面・精神面で支援し、教育していく役割があります。

 

ですので、20代や30代に看護主任を経験し、
40代や50代で看護師長となる傾向にあります。

患者さんからの苦情の解決や、
看護環境を改善していくためのアイディアを出し、実行・評価する
といったPDCAサイクルについて、最前線で実行していくことが求められます。

 

以上の2つの役職というのは、
お互いに円滑なコミュニケーションをとることが大切になります。

コミュニケーション不足である場合には、
病院の経営側と看護現場において差が出てしまうことになり、

現場の看護師の離職や、
患者さんからの苦情の多発にもつながってしまいますので、
注意が必要です。

 

 

コメントは受け付けていません。

看護師長と看護部長との違い

dnuwet

看護師の看護師長と看護部長との違いは何なのでしょうか。
前者は看護師をまとめる現場のリーダーであり、
後者は看護師長の上にたって全てをまとめるトップということですよね。

看護師長は看護師の要望などを上司に伝え、
上司の要望を看護師に伝えるという、
会社で言えば中間管理職のような働きをします。

 

ですので、看護師からの相談には根気よく耳を傾けて、
一緒になり問題を解決する方法を考え、
かつ上司からの期待に看護師一丸となって応える事ができるような、
そんな視野の広い人材でなくてはならないんですね。

看護部長は、院長や副院長の意向をくんで、
病院の経営方針にも従っていかなくてはなりません。

 

また、看護方針や教育制度の決定、医療事故防止のための改善案を出す
といった広い視野を持つ事はもちろん、病院全体の事、
看護部の根幹の事を考えていかなくてはならないという責任の重い役職なんですね。

また、そのような責任を負うことを強いられる中でも、
冷静さをもってまとめていくことが出来る人材でなくてはなりません。

 

また、看護師長と看護部長との折り合いがよく、
お互いを思いやれるという人間関係が築かれているのであれば、
職場の雰囲気が良くなり、看護師も生き生きと働く事が出来る様になります。

 

 

コメントは受け付けていません。

看護師長は多忙極まりない!

nuert

大学病院や数百床という大きな病院で働く看護師長は、
全ての看護師の把握を行いつつ、
業務の流れや病院の体制に関わっていきます。

現場にたつことはあまりなく、看護師長室という部屋で
デスクワークを行ったり、出張したりと、とても多忙な毎日を送ります。

 

現場の看護師からすると楽だと思われがちなのですが、
現場で多くの経験を積み、勉強会や研修に参加し、

認定試験を受けたりした上で管理職という立場になっていますので、
それなりの努力や苦労を重ねてきているんですね。

 

ちなみに、医院と呼ばれる19床以下のところであれば、
現場と兼ねているところがほとんどになります。

職員同士のトラブルや、入院・外来患者さんが
手に負えないような際にも対応しますので、
そのような仲裁に関わっていく事も多いんですよ。

 

病院長や事務長などと一緒にトップの立場にあり、
目に見えないところでかなり神経をすり減らしているという事を
理解してもらいたいという看護師長は多く居ますよ。

小規模病院になると、運営にも携わっていく事があり、
臨床だけではなく経営手法を問われる事もあるんですね。

 

全体を把握しつつ医師との繋がりも大切になりますので、責任重大なんですよ。
スキルが秀でている事は当然になりますが、
職員や患者さんから信頼されているという事もとても大切になります。

 

 

コメントは受け付けていません。
Categories: 仕事内容

看護師長の仕事内容とは

nduegt

看護師の管理職の一つである看護師長の1日の働き方は、
現場で働く看護師のまとめと管理が主な仕事です。

他にも新人看護師の教育や、看護業務がしっかりと行われているのかの確認、
シフト作成、一般看護師の考えを部長や副師長に伝えるといった
中間管理職のような仕事を行う立場です。

 

その仕事内容は多岐に渡り、悩みを聞いたり指導を行ったり、
職場環境を整えたりすることが求められます。

そして、上司である部長や副師長の病院の方針である要望に
応えるということも必要になり、
現場と上層部の言い分のバランスをとっていくことが大切になります。

 

ですので、広く大きな視野をもっていい働きを行う事が出来れば、
物事は円滑に進みますし職場環境も良くなります。
そうなると、やめる看護師は少なくなりますよね。

現場に出ることは比較的少なくなるために、
重労働や夜勤もなく、身体的に楽にはあるのですが、
人間関係からくる精神的なストレスが増加する傾向があります。

 

ですので、うまく折り合いをつけることが出来る器の大きさというものも、
とても重要になりますよ。

同じ病院に長く勤務し、
昇進を繰り返して看護師長になるというケースは多く、
年齢は40歳くらいからが目安となっています。

 

 

コメントは受け付けていません。

仕事も給料も充実!でも努力は必要です

nfijgt

看護師を長い間続けていくのであれば、
キャリアアップを目指していただきたいと思います。

管理職になれば、若い看護師を指導していく立場になりますし、
仕事内容もとても充実したものとなりますよ。

 

また、それに伴って給料も上がりますし、
生活が豊かになって充実させることが出来ます。

もちろん責任は重大ですし、ミスは許されないという立場にはなりますが、
やりがいのある仕事を任されるというのは満足感にも繋がります。

 

若い看護師を指導していくことは、自分の仕事に自信があり、
豊富な知識と経験がなくては出来ませんよね。

そのため、常に最新の医療を学び、
今の医療の復習もしっかりと行う姿勢が大切になります。

 

http://www.hairiron-style.com/

キャリアアップをして管理職となるには、
当然それだけの実績を積む事が必要になります。

ですが、普段から看護師以外の免許を取得したり、
看護技術を磨いたり、積極的に研修に参加したりすることで、
看護業務にプラスとなるような勉強を行うことも大切です。

 

通常の仕事にさらに勉強となりますので、
人一倍、努力しなくてはならないという覚悟が必要です。

また、一つの科だけの経験ではなく、様々な科の経験があった方が、
多方面から経験の深い看護師だと認められます。

 

もしも、経験が浅いと感じているのであれば、
今からでも他の科を経験出来る様に、希望を出しておくといいですよね。

 

 

コメントは受け付けていません。

キャリアアップとしての管理職

tuyehr

看護師にはそれぞれ、役職や資格がありますよね。
それぞれにキャリアアップすることが出来るからと、
勉強している人も多いと思います。

その理由は、給料が上がるからという単純な理由だけではありませんよね。
より高い専門性を持つために勉強し、
自分自身がその専門分野を極めたい!という思いがあると思います。

 

そんな看護師のキャリアアップとして代表的なのが、管理職ですよね。

これは医療機関で用いられているもので、
名前の通り他の看護師を管理したりマネジメントしたりする役職のことです。

 

管理職には大きく分けて3つの段階があり、
主任・師長・部長となっています。

これらは誰でもなれるというわけではありませんよね。
専門的な研修を受けたり、職場から任命されたりして、
なることが出来るものです。

 

人をまとめていく能力だけではなく、
全体的に統括することやリスクマネジメントについての意識など、
管理者として必要になることを勉強することが出来ますので、
とても重要な経験を積む事が出来るんですね。

求人でも、管理者としての募集がある場合もありますので、
経験を求める場合にはとてもオススメです。

 

 

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

看護師の人間関係は狭い!辞め方・探し方は大切です

mfjiuew

転職をするということは、今の職場を辞めるということですよね。
となると、この辞め方もとても大切になるんです。

看護師の職場は、全く違う病院同士が実は繋がっている
というケースが多いんですね。

 

「あの人、退職の時トラブルがあったみたい」
「そんな人が師長ってどうなんだろう」というように、

新しい職場の看護師に初めから悪い印象を
植え付けてしまう可能性だって、十分にあるんですよ。

 

反対に、退職にあたりしっかりと筋を通して、
後のことも引き継ぎ退職したとなれば、

「退職するときもしっかりしていて、信頼できる人みたいだよ」
というように、良い印象を持ってもらえることが
出来る可能性もありますよね。

 

看護師の職場は、意外と狭い人間関係がありますので、
そういった点には注意が必要です。

がむしゃらに転職活動を行うことは、オススメしません。
いくつもの病院で転職活動をしているのになかなか見つからず、
ようやく転職先を見つけたとします。

 

そのような場合、「あの人、たくさんの病院に断れたみたいよ」
なんて噂が広まる可能性がありますよ。

そのような事にならないように、看護師専門の転職サイトなどを利用して、
スムーズに転職できるようにすることも大切です。

 

自分の条件に合った職場を探し、
あらかじめマッチングしているところに応募するという事を徹底すれば、
いくつもの病院に応募するなんてことを避ける事が出来ますよね。

 

 

コメントは受け付けていません。

転職する理由は?向上心はありますか?

nfehuw

看護師長が転職するコツとして、
まず何故転職をするのかという事をまとめてみる必要があります

看護師長といえば、病棟で看護師をまとめていく管理職ですよね。
その管理職が転職しようと考える理由が何なのかを、
まずは考えてみなくてはなりません。

 

その理由によっては、転職がスムーズにもなりますし、
反対に転職が難しいということもありますよ。

ただ漠然と、今の職場が嫌だから転職したい!
ということであれば、転職するのは難しくなってしまいます。

 

どうして転職したいと思うのかについて、
箇条書きにしてまとめてみるといいですよ。

 

看護師長ともなれば、
ある程度高い看護技術を持ち、知識も豊富となりますよね。
それでも、向上心を持つことはとても大切なんですよ。

次の職場となるところで、どのような看護師として働いて、
看護師長としてどのように看護師を育成していきたいのかという事について、
しっかりと考えてみる事も必要です。

 

例えば、今の職場で看護師として働いていて、
昇進して看護師長になったものの、ある程度の枠組みが決まっていた。

でも、今後は自分が先頭にたって、
新人の育成などに携わりたいと考えている。というのは、
向上心のある転職理由となります。

 

今までの仕組みとは異なった仕組みの中で、新人の育成を行いたい!
というような看護師長であれば、
欲しいと感じる病院も、きっとたくさんありますよ。

 

 

コメントは受け付けていません。

看護師必見!管理職の求人はココがポイント 2015年3月3日

看護師の管理職に就くには?

mndxhjuaejf

看護師の管理職の求人は、意外と多く、
いくつかパターンがあります。

まず1つ目は、病院での管理職の経験があることを
条件とした即戦力を求めるもの
です。

 
役職にはついているが、違う職場で経験をしたい、
お給料の面でアップしたいという方は
チャレンジする価値があります。

2つ目は、経験はないが役職を目指している人を採用する場合です。
働いている病院で、役職のポストが空きそうにない場合などは、
役職候補者として転職を目指してみましょう。

 

 

事前に職場を調べておく必要あり

転職後はすぐにリーダーになりますから、
事前にどんな職場であるかを調べておく必要があります。

前任の人はどうして辞めたのか、看護師は何人ぐらいいて
指示系統はどのような流れで行われているか、

 

仕事の割り振りはどのようにされているかなど、
細かいことをチェックした方が良いです。

面接の時に聞きづらい場合は求人サイトに登録をしておくと、
コンサルタントが事前に病院に行って話をしているので、
安心して転職することができます。

 
役職の転職は、看護技術が優れていることはもちろん、
周りから信頼され、かつ管理ができる能力も求められています。

待遇や給料アップだけでなく、
それだけの意識を持って転職するようにしましょう。

 

 

コミュニケーション能力は絶対条件

ytuihedhnfs

看護師の管理職求人に対して、適している人材は
コミュニケーション能力に長けている人です。

管理職の仕事は、多くの人と接して、病院である組織の運営を
推進していかなければなりません。

 
そのためには、組織に接する人たち全員との折衝を
避けるわけにはいきません。

場合によっては、患者や患者の家族との面談もあるでしょう。
それもドクターとのトラブルで
難題を解決しなければならない時もあります。

 
単に、話しを聞くだけでなく、
病院の主張を相手に話して納得をしてもらう交渉も
しなければなりません。

 

 

様々な条件のスタッフをまとめ上げる力

また、組織内の従業員をまとめ上げる必要もあります。
雇用は正看護師だけではなく、パートやアルバイト、
夜勤だけの契約をしている人もおります。

また、資格者が集まる組織だけに、
1人ひとりの資格条件も心得ておかなければ
人を動かすことができません。

 
雇用条件が違う人たちを、365日24時間休むことなく通勤させて、
事故が起きないように人事管理をおこなわなければなりません。

そのためには、最低限の人事に関する知識も必要になります。
これらのことを、生きた知識として吸収し、

 

 

その知識を生かして組織を活性化させるには
コミュニケーションの能力が絶対条件になります。

 

 

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類